のび太にならない。
2013/08/31(Sat)
PAK86_shinagawabiru500-thumb-autox39025-3408.jpg
東大でロボット工学を学んでいた方が、普段はスマホとか使わないようにしてるそうです。
意外や意外と思いきや…
「ロボットが進化すればするほど、人間は退化する。
 だから、できるだけ人間らしく生きろと、大学の先生に最初に教わっんです」
スポンサーサイト
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
共通点は「あのセミナーに参加した」、それだけでいい。
2013/08/31(Sat)
LDKの会s
6月に実施した公開セミナーの参加人事パーソンが、
こうしてたまに集まって、人事談義…はしてないな。
でも、あだ名で呼びあいながら、心の底から笑い転げる。
人は毎日、人と出逢っている。
この記事のURL | 日常 | CM(2) | ▲ top
改めて噛みしめる慣用句。
2013/08/30(Fri)
PAK86_icyounokitohizasi500-thumb-390_jpgauto-3402.jpg
若者叱るな来た道だ。年寄り笑うな行く道だ。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
人事パーソン。
2013/08/29(Thu)
OHT97_nagareruhosi500-thumb-390_jpgauto-3365.jpg
孤独に耐える力。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
ウサギとカメはそういう話だっけ。
2013/08/28(Wed)
DSC_0300.jpg
仕事で、愛媛は松山市にいます。通りかかった高校にこの看板…。
元気な時にみると元気になるだろうけど、仕事後にみるとヘタルなあ^^;
この記事のURL | 日常 | CM(2) | ▲ top
陸上部の息子の影響で読んだ本ですが。
2013/08/28(Wed)
GAK82_metasekoianamiki500-thumb-390_jpgauto-3366.jpg
「長距離選手に対する、一番の褒め言葉って何かわかるか?」
「速い…?」
「俺は、強い、だと思う」
                  三浦しをん「風が強く吹いている」より
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
待つ。
2013/08/27(Tue)
SHIO63_akatonbonoshiruetto500-thumb-autox39025-3386.jpg
「最近の若手は、非常に自利的。利他的な行動がほとんどない」
と話す方の話2時間中、一度も、利他的な言動がなかった…。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
副詞なのに、かかる動詞がないんだよなあ。いや、形容詞なのか?
2013/08/27(Tue)
DSC_0299.jpg
名古屋で新幹線への乗り継ぎの時に慌てて買った缶珈琲。「でら!」やって笑。
関西でも「めっちゃ!珈琲」って出して欲しいなあ。
広島なら「ぶち!珈琲」で、博多は「ばり!珈琲」。沖縄は「でーじ!珈琲」かな。
いや、どうでもいい話です。疲れてると思考がこんな状態^^;
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
松本市にて。
2013/08/26(Mon)
DSC_0297.jpg
わけあって、十七条憲法を読み返す機会がありました。
あまりに有名なのは「一曰。以和為貴。無忤為宗。」だけど、
今、私が心に留めたいのは「十七曰。夫事不可独断。必與衆宜論。」の方。
どっちも大切(^v^)

※一にいう。和をなによりも大切なものとし、諍いをおこさぬことを根本としなさい。
※十七にいう。物事はひとりで判断してはいけない。必ず皆で論議して判断しなさい。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
まるまるまる。
2013/08/25(Sun)
今年の24時間テレビ、チャリTシャツは草間彌生さんと大野智さんの共同創作だとか。
たまたま仕事で松本にいたので、松本市美術館へ行ってきました。
こちらの常設展が、世界的な前衛芸術家として活躍する草間彌生さん@松本出身。
DSC_0291.jpg
美術館前には巨大な水玉チューリップ、題して「幻の華」。草間ワールド全開。
DSC_0293.jpg
自販機も水玉。
DSC_0290.jpg
市内を走るバスも水玉。その名は「水玉乱舞」号。
水玉の「マル」は、地球のマル、太陽のマル、月のマル。

少女時代より統合失調症を病み、繰り返し襲う幻覚や幻聴から逃れるために、
それらを描きとめる絵を描き始めたという草間彌生さん。
苦悩は昇華させればいいのかもしれない。そのための苦悩ならあっていい。
84才の大先輩に、ちょうど半分の42才は、ものすごく勇気づけられました。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
8月最後の日曜。
2013/08/25(Sun)
無題222
8月最後の日曜は雨…でよかったあぁぁ(*^^)v
8月最後の日曜といえば、「社労士試験日」。
290分に及ぶ闘い。少しでも涼しい環境で、皆さんがベストを尽くせますように。

この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
それを言っちゃあ、おしまいか(-_-)
2013/08/24(Sat)
OHT92_ichimennomugibatake500-thumb-390_jpgauto-3387.jpg
今秋、適正配置なるテーマの依頼をいただきましたが、
組織作り、に、仕様書なんてないのになあ。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
でも車内で3個消化^^;
2013/08/23(Fri)
DSC_02892.jpg
静岡仕事デーだったので、静岡の親友Jちゃんに一目逢えないか連絡。
が、Jちゃんは東京仕事だという。うーん、ざんねーん(>_<)と思ってたら、
なんと、Jちゃんが帰静する新幹線に、私は静岡から乗ることが判明♪
停車時間の数分間の再会。それだけで嬉しいのに、
「あんちゃん、これ、あんぱん。東京で買ってきたの。食べて^-^」
Jちゃーん。嬉しすぎるけど、さすがに6個は多いで(゜o゜)
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
ぶつかるだけです。
2013/08/22(Thu)
SHIO63_akatonbonoshiruetto500-thumb-186xauto-3386.jpg
本や研修で学べるものはあるけれど、学べないものもあるんです。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
こういう時に、新しいものがうまれる。
2013/08/21(Wed)
PAK86_atusugitehenahenahimawari500-thumb-186xauto-3364.jpg
今、かなり極限状態です。ふふふ、いいことだ(^v^)
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
大人の新寺子屋「彩(いろどり)」2013は、【「香」「美」「茶」のコラボで心を満たす癒しの空間】
2013/08/20(Tue)
彩
☆3つの文化・芸術セミナーが半日で、お手軽価格で、受講できる!
 大人の寺子屋「彩」2013。今年テーマが決定しました。
☆今回の講師陣
 ■奥田祐子先生(美術コラムニスト)
 ■西上寛先生(日本茶のフレーバーティ開発カリスマ)
 ■松下恵子先生(香司・アロマテラピーインストラクター)



★オフィスあんが提案する「彩(いろどり)」とは、
 文化や芸術など様々な分野の『本物』のコラボレーションを、
 気軽に体験いただける、大人の新寺子屋です。

この記事のURL | PR | CM(0) | ▲ top
大違い。
2013/08/20(Tue)
MAR86_midorinokouyou500-thumb-390_jpgauto-3362.jpg
細やかな人。細かい人。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
船舶にしても電車にしても、日本の交通機関の時間の正確さには感動します。
2013/08/19(Mon)
IMG_1580.jpg
四日ぶりに上陸しましたが、その二時間半後には新横浜で研修で登壇していました^^;
どんだけ仕事が好きやねん…と自問してしまいますが、はい、大好きです♪
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
最終日。
2013/08/19(Mon)
30.jpg
日の出…が雲に隠れちゃったなあ…と思っていたら、不思議な船の形の雲。
談笑するスタッフs
ディズニーランドを超えるホスピタリティ「飛鳥Ⅱ」なんて聞いていましたが、
ホスピタリティには種類があるんだということを痛感しました。
30分のレストランのホスピタリティと、数泊の船上のホスピタリティは違う。
いい意味で「ほったらかし」で「フレンドリー」。
あれこれ気を遣われ過ぎたら、孤立した船上ではしんどい。
ウエイターの方々が、(英語で)談笑しながら仕事している雰囲気が心地いい。
陸のレストランではありえない風景だよね。
着岸
着岸。船のロープを自動車がバックして引っ張っていました。
それだけ「巨体」なのに、海の上ではちっぽけな存在でした。
===========
夢の国オリエンタルランドと、孤立した船上のホスピタリティは違う。
写真はないけど、乗船して最初にしたのが、乗客全員での避難訓練でした。
この「フレンドリー」さは、顧客どうこう以前に、運命共同体の仲間として。
===========
思うところ多々の四日間でした。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
三日目船内。
2013/08/18(Sun)
20.jpg
船内入ったロビー。
21.jpg
お部屋はバルコニー付。
23.jpg
ラウンジでは…
24.jpg
いつでも食べ放題状態。200mの廊下があってよかった…。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
三日目船外。
2013/08/18(Sun)
11.jpg
鳥羽港には大きすぎて入れないので、沖に停泊して小型船で上陸。
鳥羽観光協会と鳥羽市が全面的に支援してました。これも町おこし。
12.jpg
五十鈴川でお清め。
13.jpg
荒祭宮。御遷宮を控えて、左が現在の御宮。右が新宮。
14.jpg
そして新本宮。
=========
今年、伊勢神宮では第六二回目の御遷宮が行なわれています。
御遷宮とは社殿を造り替えることで、伊勢神宮は千三百年もの昔から、
二十年ごとに同じ形の内宮・外宮の社殿を交互に新しく造り替え続けてきました。
補修をすれば何百年も使えるはずの建築物をわざわざ一から建て替える理由。
「常若(とこわか)」の精神(大御神様に新しい処にお住まい頂く)もありますが、
「次世代の宮大工を育てるため」というのも、理由のひとつだと言われています。
泳ぎ方の本を読んだところで、必ずしも泳ぎが上手にならないように、
宮大工も建てさせてみなければ育たない、という先人の教えのように感じられます。
=========
実は私は大学時代、国史学部古代史学科に所属して、
この御遷宮の第一回目を実施した当事者である
女帝、持統天皇を研究対象としていました。
幼名を「鸕野讚良(うののさらら)皇女」。
17才の頃、高校の歴史の授業でこの皇女と出逢った私は、
己の学問の進路をほぼ直感で決めました。
中継ぎとも言われた女帝が、大御神様の御宮をも、次代に継ごうとするその意思。
そこにある精神を知りたくてたまらなかったからです。
あれから25年。
結果的に今こうして、
あの時の想いを仕事に活かせているのですから、不思議なものです。
そして今年。我が息子は17才。
私が鸕野讚良皇女と出会った時と同じ年齢を迎えています。
今時の、と言われる世代ですが、眩しいほどに青春を謳歌する彼を見ていると、
未来を信じられる気持ちになります。
次世代は未来です。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
二日目。
2013/08/17(Sat)
DSC_0363s.jpg
船上から「熊野大花火大会」。沢山の船が停泊中。
「飛鳥Ⅱ」「ぱしふぃっくびいなす」「にっぽん丸」の3隻が勢ぞろい。
DSC_0386s.jpg
同時に三ヶ所で上がる花火、初めて見た。
DSC_0413s.jpg
水上であがる三尺玉、初めて見た。
DSC_0414s.jpg
同時に20発以上が上がる花火、初めて見た。
終了後にはたくさんの汽笛による拍手喝采。が素敵でした。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
初日。
2013/08/16(Fri)
DSC_0325s.jpg
12階建の動くホテル。800名ちょっとの乗客に対して、400名近い乗員だそうです。
DSC_0330s.jpg
横浜港出航。
DSC_0353s.jpg
船上なので運動不足になるかと思いきや。端から端まで200m近いデッキ。
DSC_0343s.jpg
角部屋の私は、当然、やたら歩く歩く。すぐに一日一万歩達成。
DSC_0355s.jpg
タイタニックごっこやってる人はいませんでした。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
百見は一験に如かず。
2013/08/16(Fri)
無題6
7割のリピーターを生み出すサービス。ディズニーランドを超えるホスピタリティ。
って謳う、それを、明日から体験してきます。どんなかな。報告をお楽しみに(^_^)/
この記事のURL | 研修 | CM(0) | ▲ top
自分次第だけどね。
2013/08/15(Thu)
C785_tumikasanattayousyo500-thumb-390_jpgauto-2451.jpg
仕事につながる読書は学習。
仕事につながらない読書は趣味。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
年々似てくる。
2013/08/14(Wed)
000061-600x401.jpg
「母さん、ごめん。お魚残していい?」
夕食時、珍しく息子がおかずを残すという。食欲も後退する日差しだもんな。
旦那さんも、御飯残すときはいつも私に「ごめんね」って謝る。
こういうところ似てるのって、嬉しい。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
悟らせているのは誰か。
2013/08/14(Wed)
OH62_nekorobunuko500-thumb-390_jpgauto-3095.jpg
ゆとり世代の次世代にあたる「浪費をしない」世代を
「さとり世代」というんだそうですね。それが「諦め」でありませんように。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
同義語。
2013/08/13(Tue)
PAK56_gatebkaranotoukyou500-thumb-autox39025-2874.jpg
未来を予測する=未来を創る。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
大人の階段。
2013/08/12(Mon)
DSC_0320.jpg
今日発売の「週刊少年ジャンプ」の綴じ込み付録に、
ヒロイン水着グラビア超ビッグポスターがついてました。
…ここから少年は、青年への第一歩を踏み出すのか^^;
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
現状。
2013/08/11(Sun)
TSU85_koucyanotpod500-thumb-390_jpgauto-3311.jpg
割り切ったんじゃないんです、腹を決めたんです。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ