正しさって何だろう。
2014/11/30(Sun)
a0002_012023.jpg
それって、理にかなっていますか。
それって、現実的ですか。
それって、自然の摂理にかなっていますか。
その考えは、あなたを幸せにしますか。
スポンサーサイト
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
あなたは今日、あなたの仲間を支えましたか?
2014/11/29(Sat)
a1180_004665.jpg
渡り鳥はV字になって飛ぶことで、単独で飛ぶよりもその飛行距離を70%も延ばすそうです。
先頭の鳥は常に同じではなく、先頭が疲れたら後ろ側にまわって、別の鳥が先頭を飛びます。
後ろにいる鳥は、前を飛ぶ仲間がスピードを落とさないように、鳴き声を上げて励ましています。
一羽として、自力で飛ばない鳥はいない。本能から、それぞれが互いに支え合って飛んでいます。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
ぱわー。
2014/11/28(Fri)
かねs
道の駅 阿武町にある「幸せのモニュメント」。自称パワースポットだそうです。

ふろs
時間が30分程あったので、併設の日本海温泉「鹿島の湯」へ。タオル付で500円。安い。貸切♪
全身にシャワーを浴び、シャンプーを始めたとき、気づきました。「あ。私、日帰りやった…。」
そう、お泊りセットなんて、持ち合わせていないのです。
いつもほぼすっぴんですが、それでも、ほぼ、だし、乳液くらいはつけてます。はい。
とりあえず、こういう時は頼れるスタッフに電話。
「おとみさん。あのね。こうこうこういう状況なんだけど…」
「あはははは~、先生、おかしすぎる~。コンビニ行って、化粧水買ってください」
「ここは阿武町。住民3千人の町。コンビニとかないし。」
「じゃあ、先生。ハンドクリームを顔につけてください。何もつけないよりましです」
「え…べとべとするよお?」
…その後、花丸元気に講演会を成し遂げた、大阪のおばちゃん、怖いものなし。
というか、スタッフが怖い。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
進化。
2014/11/28(Fri)
もなか
お客様「先生が前にいらしたときに用意した名物‘さざえ最中’が進化しました」
「ほんとだー。餡と最中が別になってる~♪」
「そしてさらに、カレイ最中も仲間入り!」
「…あはははは。」
ここ阿武町は、山口萩をさらに北上、人口3千人。人情味あふれる町です。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
愛は優しさでできている。
2014/11/28(Fri)
あい
スタッフたちが、私のロッカーにこっそれ忍ばせてくれる小さな愛。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
親と子は別人格です。
2014/11/27(Thu)
ふせん
私は大ざっぱです。
息子はきちんとしています。
付箋も使い捨てしません…写真は彼の机。すごいな(-_-;)
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
初心を思い出します。
2014/11/27(Thu)
LEC看板s
LECさんの「2014年度 社会保険労務士 合格者祝賀交流会」に来賓としてお招きいただきました。
今年は、司法書士&弁理士&社会保険労務士試験合同。合同過ぎる。笑。
LEC_SRS.jpg
社労士の来賓はこちら5名♪ノリ、は合格者の皆さんに負けていないはず。
合格社の皆々様、本当におめでとうございます。切磋琢磨してまいりましよう。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
ますます発熱。いや、熱は熱で制すればいいんだ!!!
2014/11/26(Wed)
風邪ss
一週間以上、だらだら風邪をひきずっている私に、お得意先様が用意してくれてたランチ。
「早く 風邪 治せよ♡」
この下からの「子犬の眼差し写真」のチョイス、わかってるうううう(〃▽〃)ポッ
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
ぴーまんとたまねぎとにんじんしかない場合。
2014/11/26(Wed)
a0960_006135.jpg
自由であればあるほど、創造性が生まれるのではなく、
制約があればあるほど、創造性が発揮されるものだったりします。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
冒険。
2014/11/25(Tue)
a0150_000194.jpg
何かを決める時には、
自然に笑顔が浮かぶ選択を。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
大切なものは目に見えない。
2014/11/24(Mon)
a0150_000210.jpg
息子は大学受験生。この連休も、毎日机に向かってます。
私も手抜きしたいし、三連休最後のランチは、出前をとってみた。
私は1000円のもの。息子には1500円のものをチョイス。
息子「俺も1000円のでよかったのに」
「この500円が、母の愛なのだ。
 母さんは愛の伝え方が分からないから、愛をお金で表現してみたのだ(^_^)/」
息子「子供をダメにする典型的な親の図、って感じやな。笑」
「そうそう、ダメダメや」
…今日も我が家は平和である。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
それがどれほど難しいことか。
2014/11/24(Mon)
a0150_000200.jpg
もうすでに知っていることを、実践するだけ。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
勤労感謝の日に。
2014/11/23(Sun)
a0960_006134.jpg
人生は呼吸の数で決まるのではなく、どれだけハッとする瞬間があったかなんだ。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
病は気から。心から。
2014/11/23(Sun)
a0960_006137.jpg
誰も不健康なんて望んでいないのに、でも、不健康な時は得することがあったでしょ?
いつも厳しい親御さんがちょっと優しかったり、学校に行かなくてよかったり、とか。
なんなんだー、今、ここで風邪ひいてて、何が得られるんだあーーーー。
風邪ひいている場合じゃないのに、頭では分かっているのに、心がうん、と言わない。
敵わないね、心はいわば、三歳の子供。理屈なんて通じない。
たまには子供心に従ってやるしかないか。あー、大人はつらい。まじ、やばいんだけど。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
ベクトルは相手に向けずに、自分に向ける。
2014/11/22(Sat)
a0150_000208.jpg
人に対する批判は、嫉妬や劣等感からできていたりします。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
仏様の顔も三度まで。人間様は一度だけ?
2014/11/21(Fri)
a0001_013473.jpg
お客様から10回「ありがとう」をいだいていたとしても、
次に「苦情」をいただいら、たぶん、リピートは終わります。
10回ありがとう、だから、10回叱られてチャラ。にはなりません。

信頼を築くのには時間がかかるのに、失うのは一瞬です。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
隊長。
2014/11/20(Thu)
なる2ss
四日市市にて。「隊長!」と呼ばれて「???」…見ると、元隊員が…。笑。
前職では、新人研修の人事担当は、社内からも新人からも「隊長」と呼ばれていました。
「おーーーーー、隊員なるちゃん。…なんで?」
稼業を継ぐ準備をしているなるちゃんが、私のセミナーを受けに来てくれてたのでした。
「ゆっといてよ~」「サプライズですっ!」…あれから、13年。
「隊長、変わってなくてよかったです。軸、ぶれてませんね!」
あはは。嬉しいんだか、成長しろよ、なんだか。
なるちゃんは、さらに切れ味がよくなってました。これだから、人事屋ってやめられない。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
谷川俊太郎さんの詩のように。
2014/11/19(Wed)
a1180_016051.jpg
初めて人前で講師役をしたのは、15年前です。前職の人事時代。
2時間程の研修に、10時間以上かけて予行演習したのを覚えています。
当時、保育園児だった息子を前に座らせて、自宅で、何度も何度も練習しました。
「子供にもわかるように話したい」。
決して大人をバカにしているのではなく、その時から、大切にしていることです。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
晴れの国。
2014/11/18(Tue)
a0800_000687.jpg
絆と柵は表裏一体です。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
そろそろ二週間。
2014/11/17(Mon)
a0960_006132.jpg
ここんとこ、毎年2本程度の新作セミナーはリリースしてきましたが、
今下期は、半年で5本抱えています。産みの苦しみ。苦しいったらありゃしない。
でもね、女性は強い。生んだその瞬間に、その喜びにケロッと忘れるんだから。
だから、また生みだせる。で、そこで思い出す。そういえば、苦しかったんだっけ。笑。
ただ今、2作目と格闘中。難産だな、こりゃ。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
闇に気づく。
2014/11/16(Sun)
a0007_000564.jpg
心の中に光しかなかったら、無垢なままでいられるのかもしれないけれど、
闇があるからこそ、やりたくないこともできるし、苦手な人ともつき合える。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
ギフト。
2014/11/15(Sat)
a1180_007517.jpg
ひと休み一休み。
にしても、友人が皆やたら「お腹あっため」ゆうてくれる。子供みたい。笑。なんか嬉しいけど☆

湿度
にしても、うっかりしてたらこんな湿度(-_-;) そりゃ、風邪もひくわ。加湿過失。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
パワハラとか、やっばり、オカシイ。
2014/11/14(Fri)
a0960_006110.jpg
権力には、責任が伴う。パワーはポジションではなく、役割。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
東芝レグザCMソングでした。え?うち?当然、レグザ。
2014/11/13(Thu)
a0001_007029.jpg
福山雅治さんのファンです。え?知ってる?笑。
何がって、歌が好き。歌詞が好き。全30thシングルの中で一番好きな歌詞が「少年」。
「間違いとか 後悔とか 何度も繰り返すけど あとどれくらい 泣いたのなら強くなれる?」
幾度となく、リフレインする。ほんと、間違いとか、後悔とか、毎日毎日繰り返しています…。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
百日草。
2014/11/12(Wed)
a0070_000273.jpg
やってあげたことはよく覚えている。
やってもらったことは、忘れちゃうくせにね。ちんまいな。
花言葉は、「不在の友を思う」「友への思い」。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
コツ。
2014/11/12(Wed)
a0006_000581.jpg
声は年中、嗄れています。致し方ありません。年200日は一日中しゃべっていますから^^;
声帯は筋肉なので、筋肉疲労します。それでも、全く出なくなるようなことはありません。
数か月、言語聴覚士の元で訓練しましたゆえ。
喉で話すのではないんです。呼吸で話すんです。それが、コツ☆
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
小田原にて。
2014/11/11(Tue)
a0001_013605.jpg
朝、ことが動きました。神様、ありがとう。と手を合わせるも、三か月前に取り組んだことの結果。
これを、古人は「人事を尽くして、天命を待つ」と言いました。昔の人は、何でも知ってただなあ。
全力で努力する。そしたら後は、脱力して、委ねる。最初から脱力しててどうすんねーん。やな。
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
はじまる。
2014/11/10(Mon)
なると
本日の週刊少年ジャンプにて、NARUTO最終回。15年間、700回。
700回、勇気をもらった。ありがとうありがとうありがとう。
息子と夏休みのたびに映画館に行ったなあ。
ナルト、サスケ、さくらちゃん、ひとつの時代が終わる。
そして描かれた、次の世代。
ボルトくん、サラダちゃん、ひまわりちゃんたちの世代がいとおしい☆
この記事のURL | 日常 | CM(0) | ▲ top
ということで、今日も仕事をします。
2014/11/10(Mon)
a0006_000340.jpg
「自分が楽になるために仕事してるのに、なんで苦労するまで仕事しないといけないの」
という、いたって正当な意見を聞きました。
私は前職で、Y下T郎大先輩から(←僕の名前はいつ出してもいいって言われたから。笑)
「仕事は、はた(端=傍=側)を楽にするためにするんや、だから、‘はた・らく’や!」、と
言い古されてきたかもしれない話やけど、何度も何度も聞かされたし、ほんま、そう思う。
今日、私は今から小田原の仕事先に行くまでに、いったいどれだけの方の力を借りることだろう。
道路をつくった人、信号機を監視している人、コンビニの店員さん、深夜に線路を点検してくれた人、
改札入ったところで身じろぎひとつせず立ってくれている警察の人、新幹線の運転士さん、駅員さん、
この心地よいクッションのきいた椅子をつくった人、ワゴン販売の愛想のいいお姉さん、
このジュースを企画した人、このペットボトルのキャップつくった人、ペットボトルのラペル印刷した人、
このバーコードの規格を決めた人、飲料の衛生基準を決めてる団体の人、基準を監査している役人…
私は一日、何万人もの人の仕事に支えられて、自分の仕事で得た対価で等価交換しながら生きてる。
どっちもやねん、どっちかじゃないねん。卵が先か鶏が先か。だけの話。
この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
おぱちゃんくさいけど。次世代へ言いたいことがひとつあるとすれば。
2014/11/09(Sun)
a0070_000281.jpg
後悔、心配・不安、罪悪感、混乱・困惑、卑下、劣等感、恥辱、悲しみ、同情、羨望、傷心、悲哀、
怒り、優越感、競争意識、イライラ、独善、癇癪、憤り、かた意地・拒絶、嫌悪、緊張、疑い、恨み、
恐怖、焦り、落胆、不全感、孤独感、空しさ・虚無感、敗北感、疲労感、絶望感…あまたの感情。
どれもこれも「見えない」ものなのに、どうしてこれらを私は言葉で使い分けられるのだろう。
これらの気持ちがどんな気持ちなのか、わかるのだろう。いや、本当に分かっているのかな。
私にこれらの気持ちがなんたるか、を教えてくたのは、少女時代に読み漁った、たくさんの本たち。
主人公の喜怒哀楽。それらを自分に投影した経験、そして、たくさんの実体験。その繰り返し。
子供たちへ。たくさんの本を読もうね。きっと、無限大の感情を、ちゃんと聞き分けられるようになるからさ。

この記事のURL | つぶやき | CM(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ