FC2ブログ


大前提。

category: つぶやき  

a0006_001221.jpg
①1+1=2
②1+1=10

どちらも正解。
①は、10進法。
②は、2進法。

数字は、美しいです。

スポンサーサイト



2018_02_28

出す。

category: つぶやき  

a1400_000458.jpg
上司には答えを出し、部下には問題を出す。

2018_02_27

心地よさ。

category: 日常  

a0960_008471.jpg
伝えないと、伝わらないことがあります。
でも、伝えなくてもいい関係性もあると、思える齢になりました。
2018_02_26

まず思う。

category: 日常  

阪口先生へ2s
弟子たちとは、北から順に、岩手、東京、静岡、愛知、岡山と物理的距離があります。
定期的に、ネット勉強会。今日は、今までのスカイプから、ZOOMの活用に変更。
なかなか安定していました。

最終的に、弟子はあと二人増えて、七名になると思います。
七人の侍って言うしさ。

いや、根拠はそれだけです。
2018_02_26

蛍こい。

category: 日常  

生活圏の最寄駅は新大阪駅なので、スーパーに行く気力をなくしている時は、
駅中&駅外の多数の飲食店に、助けてもらえます。ありがとう、新大阪。


海鮮
ということで、昨夜は「海鮮が安いだけの店」に助けてもらいに行きました。

S__6561795.jpg
これが店名やとずっと思ってたんですが、実は「ふじ」であることを知りました。
以前、スタッフたちとランチに来た時も並んでましたが、夜も行列でした。

S__6561794.jpg
お客様に昼も夜も来てほしいからなのか、醤油も昼用と夜用があります。
何が違うのか、食べ比べたけどよくわかりません。

つかさず隣の観光客らしいお客さんが「大将、これ何が違うの?」と質問。
「夜は、甘口です。」
…なんでだろう、なんで夜は甘口なんだろう…。


2018_02_25

福来たる。

category: 日常  

せんぱい

大阪に来られる方には、「お気をつけて来阪ください」と伝えます。
岡山に行った時には、岡山の友達が「来岡」と書いてくれました。

そうか、福岡なら「来福」になるのか。
なんか、めでたいな。笑。

北海道なら「来北」?「来道」?沖縄なら「来沖」?「来縄」?
ルールあるのかな…。
2018_02_25


チキン南蛮
お友達から、「延岡といえば、この直ちゃん」という情報をいただきました。
延岡でチキン南蛮といえば「直ちゃん」か「おぐら」なんだそうです。
いや、そういわれましても…((´・ω・`;))
2018_02_24

若芽。

category: 日常  

a0960_002396.jpg
育成は組織の責任。成長は個人の責任。
2018_02_24

晴れの国。

category: 日常  

S__6422530s.jpg
本日は一番弟子のともちゃんオブザーブ@岡山。

28167051_2052367625031746_9115302497849159416_ns.jpg
ともちゃん談「声量も笑顔も120パーセント」。笑。
はい、本日も元気なり♪
2018_02_23

18。

category: 日常  

28343259_780952342098729_1592845718_os.jpg
おかげさまで、

28342763_780954455431851_1015453899_os.jpg
18刷になりました。ありがとうございます。
2018_02_23

ランキング。

category: 日常  

S__6348802.jpg
宿泊先のホテルのモーニングで、なぜかカレー6種食べ比べ。
朝から6種はきついかなと思いつつ、あったら挑戦するよな…。
ということで、私は「スープカレー」に一票でしたが、一番不人気みたい。

2018_02_22

7年目。

category: 日常  

基礎講座s
メイン講師を担当させていただいて、7年目になります。
労務行政「人事労務入門講座(3日間)」の2018版の募集が始まりました。

特別講演は昨年に引き続き、心の友、朋ちゃん@レゴランドジャパン。
パネルディスカッションのお1人は、切磋琢磨の友、梶原さん@明石市役所。
そして何が嬉しいって、もう一人のパネラーは、
この人事労務入門講座の卒業生、脇田さん@ハウス食品。

もちろん、それだけのご本人の現場での日々の努力があってこそなんですが、
数年前に受講生だった方が、導く側に立つ場に立ち会える嬉しさでいっぱい。
本物は続く。続ければ本物になる。



2018_02_22


S__6258690.jpg
得意先のトップから
「松下さんって、ほんと、仕事楽しそうだよね。
 やりたい仕事ができる人ってほんの一部だと思う。うらやましいよ」
と仰っていただきました。

「ほんとですよね^-^」と笑ってはみたけれど、
私、多分、どんな仕事に就いてたとしても、
「こりゃ、天職だ!」って笑ってた自信はあるんだー(=∀=)

*写真は、出張先で見かけたお雛様。もうすぐ桃の季節です。


2018_02_21

スパイラル。

category: 日常  

S__6275074s.jpg
今日も明日も明後日も、ひたすら採用テーマのご依頼。
人事屋として提供できるテーマは30ほどあるのですが、
やっぱり、この時期はひたすら採用。
それだけに悩ましく、それだけに現場が困っているのでしょう。

そして通年化する採用。
年がら年中、採用活動している人事。
ぶっちゃけ、人が辞めるから、また採用しなきゃならないんだけどな。
頑張って成果だしている人が定着して、
頑張っていない人が頑張らなきゃいけなくなる組織をつくること。
採用スキル磨くだけじゃ、根本は断ち切れないんだけどな。

2018_02_21


S__6176771.jpg

その方のイメージが「赤&ピンク」だったんたけど、
殿方なので、ちょっとシックに、この色チョイス。

立つ&待つ&並ぶ、が大の苦手な私ですが、
お店の方に花束をつくっていただいている瞬間って、
待つことがむしろ楽しかったりします。



2018_02_20

阿波。

category: 日常  

S__6078466s.jpg
午後から徳島で登壇…のために、高速バスで徳島入り。
徳島についてバスを降りたら、
お友達の某社社長さんがバス停で待っててくれていました。
「一目、顔をみようと思って!松下さんに会ったら元気でたわ♪」
と立ち話で別れました。なんだったんだろう、笑。

でも、こういうの、本当にうれしいです。

46年しか生きてきていないけど、
人を知るには、100才まで生きても足りないのだろうと思えます。


2018_02_20


a0001_017971.jpg

「何もしてない奴が「じゃあ、お前ちょっとやってみな」って言われることはあり得ない。
普段から何かをやり続けているから、誰かの目にとまって声をかけられるんだ」
                                             (志村けん)


いいことも、わるいことも、起こりうる出来事は、その一瞬は「点」のように見えて、
実は「線」。



「いろんな人たちを遊びの場で見てきた。
 思うのは、人生は不公平だってこと。若いときからずっと恵まれている人もいる。
 急上昇して急降下する人もいる。
 人生の後半にピークを迎える人もいる。ずっと恵まれない人もいる。
 人生というゲームの勝ち負けに一定の法則がないことは、これを見てもあきらかだろう。
 ただし、ひとつ言えることがある。
 ずっと恵まれてみえる人はみな必ず努力していることだ」
                                             (志村けん)

2018_02_19

空が綺麗。

category: 日常  

S__5980162.jpg
「これ、ここに来る途中で見かけたから、あんちゃんに!」
と、ビタミンカラーの花束をもらいました

聴いてみてって言われた、RADWIMPSの「me me she」。
人の優しさには、底がないです。


2018_02_19


a0027_002752.jpg

前例がない?上等だ!
2018_02_18

経験代謝。

category: 日常  

S__5881858s.jpg
週末ですが、キャリアコンサルタントの資格更新研修受講中。
学生用のCCではなく、社会人用のCCなので、自分事としても大い価値あり。

備忘録。



その人らしさとは、
・繰り返していう言葉
・独特の表現
・表情、しぐさ
・声のトーン
・価値観、生き様等に現れる。



20の棚卸につながる問い(社会人になってから)
・もっとも印象に残った上司
・好きになった人
・仕事での最初の思い出
・やりたかったが出来なかったこと
・やりたくてやれたこと
・■才の時に気づいた自分の能力
・もっとも努力したこと
・もっとも遣り甲斐を感じたこと
・仕事以外で印象に残ったこと
・印象に残る悲しかった出来事
・人間関係で印象に残ること
・夢中になったこと
・印象に残る身近な人から言われた一言
・■才の時の夢
・もっとも嫌いな仕事
・もっとも残せたと思い業績、自分なりの成果
・思い出の曲、歌、歌手
・もっとも嬉しかったこと
・もっとも落ち込んだ経験
・経験から得た教訓



社会構成主義(に関わる名言)
「私たちがもし生き生きとした明るい未来を創造していこうとするなら、
 私たちがこれまで
 “事実”真理“正義”“どうしても必要なものとして受け入れてきたもの”
 をすべて疑う覚悟ができていなければいけない」(Gergen)



人は見たいものを見て、聞きたいものを聞く。
見る、聞く、感じる、考える…は、その人固有のもの。
その人の経験に(*体験ではない)、その人自身が現れる。


2018_02_18

三十七。

category: 日常  

S__5677060.jpg
新刊の押しメンは、原田先生!

「体がその通りに動くと思ったら大まちがいなんだ 
 もう
 いたるところにあるギャップ 
 自分の最盛期とのギャップ
 力をつけてきた相手とのギャップ
 だけど だけどな
 ギャップがあるから 楽しいんだろう?」


そして、なんと帯情報で、「原画展」の開催を知るっ!
うおー、4月までこれだけで頑張るるる
2018_02_17


S__5799939.jpg

研修やセミナーはまだいいのですが、講演は苦手です。
人数多いし、講義形式でみなさん前を向いているし、ホワイトボード使えないし、
時間が短い分、使える言葉が少なくなる分、言葉を選択しなければなりません。

第67回エミー賞で史上最多受賞記録となる12冠を獲得した「ゲーム・オブ・スローンズ」。
一つの玉座をめぐり複数の名家が繰り広げる壮絶な覇権争いの中にあって、
この世界で大切なのは、戦力ではなく、言葉。
言葉で相手を動かし、言葉で味方をつくり、言葉で鼓舞して、戦いに挑む。
言葉を使える人が、自分の世界を拡げる。

Petyr Baelish : “Do you want to be a queen?”
Margaery Tyrel : “No. I want to be THE queen.”

すごいな…一単語違いが、大違い。言葉の限界、言葉の可能性。




2018_02_17

場。

category: 日常  

S__5660679s.jpg
お客様のおしゃれオフィスで打ち合わせ。
アイデアがどんどん出ます。わくわくする。
テレワーク時代だからこそ、働く「場」って何なのか。ってことです。


2018_02_16

どう森。

category: 日常  

S__5677058.jpg
14日の未明のバージョンアップは、これでもかぁっっっ、ていうアップぶり。
そうだよな、仕事も3割増しくらいを目指してちゃ、驚きも成長も想定外も突破もない。
飛び越えるぞ!
2018_02_16


S__5668866.jpg
わけあって、けん玉練習中。
私、小さい頃から、球技系は苦手なんだよなあ。
これも一応、球技だよなあ。


2018_02_15

士。

category: 日常  

61y0Li1JZbL__SX373_BO1,204,203,200_
61_20oji3cL__SX374_BO1,204,203,200_

AIに勝つとか負けるとか。煽るんだなあ。
コト(課題)を解決するために、結果としてモノ(製品、ツール)が必要。AIはツール。
AIと人間、の構図ではなく、AIを活用する人と活用しない人、という構図。
やっぱり、人と人。という構図。
2018_02_15


がんばれ


PC内部の断捨離をしていたら、思いがけず、
12年前に息子からもらったメールが出てきました。
恐らく、私が、帰宅が遅くなる旨のメールでもしたんでしょう。

そしていつか、息子がグレた時にでも見せてやろうと思って、
とってたんでしょう。リスクヘッジ。笑。

そんな息子も、多少の反抗期を経て、今はすっかり大人。
きっともう彼の番なので、頑張ってるんだと思います。笑。
ま、おかんもまだまだ頑張るけどさあ。



2018_02_14

微妙。

category: 日常  

S__5537794.jpg
最寄りの新大阪駅の在来線「駅中」に、なんと!!!
マイベストあんこ@「喜八洲総本舗」がオープンすることが判明♪

ただ…この場所、前に、グリコのショップやったとこやわ(ー_ー)。

2018_02_14


a0960_007351.jpg
SNS、Face bookとかインスタとかは、
繋がっている方々に否応なく発信したものが垂れ流されるので、
それなりに目的をもって節度をもってアップしているのですが、
ブログはわざわざアクセスして来られた方しか読まないという大前提なので、
敢えて、コメントも受け付けず、好きなことを垂れ流されてもらっています。

いつか息子を遺して先に逝く時に、読んでもらえたら嬉しいなあという、
ちょっとうざい、いやかなりうざい、おかんの押し付け的な自己満足と、
直近では、飛び回っててあまり会えないスタッフ達への言い訳と、
お仕事で御縁をいただいた方がもし気が向いてアクセスしてくださったら、
「松下直子、セミナーではえらそうにゆうてるくせに、日常はけっこう、
かっこ悪いじゃん」と思ってもらえたらいいなあという罪悪感の払拭と、
何より、自分が見返したときに、また自分を知ることになる忘備録とのために。
今日は一番最後の目的で、いくつか書き留めておきたいと思うことを。

キレイごとなんかだけじゃ、生きていけないことも重々承知です。
それでも、わたしら人事屋が、きれいごとを語れなくなったら、
世の中は終わりだとも心の底から思っているので、キレイごとです。


■大切なもの

起業した直後、まさに寝食を忘れて仕事をしていました。
今思えば、自分に対するパワハラです。笑。

友達のゆいちゃんが「自分を大切にしなさい」と言いました。
どうやったら自分を大切にすることになるのかがわからなかった私に、
ゆいちゃんは付け加えました。
「そうねえ、何か、大事にしているものはある?
 まずはそれを大切にしてご覧。
 それは自分を大切にしていることになるから」
その時、ぱっと思いついたのは、当時、大切に使っていた、
100円のジェットストリームというボールペン。
替え芯を何度も何度も変えて、何年も使っていました。
なんだか相性のいいボールペンでした。
だから、そのペンを今まで以上に大切にすることから始めました。

今思えば、あそこから私は大きく変わりました。
ちょっと自分を大切にし始めると、少し、他者も大切にできるような気がしました。
逆に言えば、
自分のことも大切にできないような人が、人のことなんか大切にできるわけもなく。
そんな些細にことに気が付きました。

そして、そうか、他者を大切にするということは、
その人そのものを大切にすることではなくて、
その人が大切にしているものを大切にすればいいんだ。
ということにも気が付きました。

手始めに、陸上にすべてを注いでいた息子をちやほやせず、
息子の大切な陸上への気持ちを大切にしてみました。
すると、今までも仲は悪くはなかったんだけど、
息子となんとなく、もっといい関係になれたような感触がありました。

だから、セミナーでも、実感をもって、
その人そのものを大切にするのではなく、その人の大切なものを大切に。
と、恐らくこの10年くらい、お伝えしつづけてきました。

今、気が付くと、私の大切なものを、大切にしてくれる仲間に囲まれています。
何だ、私は大きな大人になってから気が付いたことなのに、
私の周りにいる方々は、そんなこと、とっくに知ってたのかと思います。笑。

そして今。
何かあると、
「なおちゃん、ちゃんとご飯食べてる?」とか「なおなお、寝てる?」
と聞いてくる友達たちがいて、
「あれ?私そのものを大切にしてもらっても、嬉しいな」と思ったりもします。

いずれにせよ。私は、いろんなことに気が付くのが遅いようです。


■決めるのは、誰か

自分の人生は自分が一番評価をしたらいいことですが、
人から見える自分もやっぱり自分。

特に仕事で、「頑張っています」
という人がいるけれど、頑張っているかどうかは、周囲が決めること。
基準は、自分ではなく、世間にあるわけです。

でも、私はやっぱり、「よく笑う人」と、言われたいから、
笑っていようと思います。
まさに、「わろてんか」。
てんちゃん、確かによう笑ろてる。目指せ、てんちゃん。


■半ば

目標をもって生きろだとか、目的意識が大切だとか、
仕事をしているとどうしても、そんな言葉を聞かざるを得ません。

でも、赤ちゃんは、目的なんてもって生まれてこない。
意思もなく、この世知辛い、なかなかに過酷な社会に、
ある日突然、放り出されるのです。
そして物心がつくと、大きくなったら何者かになりたいと夢を語ります。
大人になると、これがあれが欲しいとかいう欲をかなえ始めます。

でなければ、人生は相当に長く、それでいて、
ぼーっと過ごしていると、あまりに無意味になりそうな気もします。

私に老後があるかどうかはわからないけれど、
世間でいうところの人生の折り返しを過ぎて、思います。

人生は何を為したか、ではなく、
逢ってよかったと思える方に一人でも会えたかどうか。
たった一人にでも、逢えてよかったと思ってもらえたかどうか。

そう思えたら、人生は案外、短いものなのかもしれません。


■最後を最初に

友達のまりさんに言わせると、人間は近い方が難しいそうです。
だって、友達は選べるけど、
親は選べない、子は選べない。
上司は選べない、部下は選べない。
配偶者は選べるけど、10年20年、同じ時を越えて行かねばならない。
時とともに人は変わりうるそうな。苦笑。

天下国家や人間愛を語ることは、案外かんたんなこと。
でも今、目の前にいる友に、近くにいる仲間に、 最愛の家族に、
今日が人生最後の日だとしたら、私は悔いのない言葉を伝えていたか。
また次があると、当たり前に思っていなかったか。
人生の最後に伝えるであろう言葉を、今日伝えなきゃ。



2018_02_13

お帰り。

category: 日常  

フライト
イタリアから戻ってくる弟子を関空に迎えに行こうと、遅延確認してみたら…
ん!???? 
もう到着してる?
8時間の時差を勘案すると…
トランジットのアムステルダムから関空までたった二時間でついてる???
コンコルド機にでも乗ったのかと「?」でいっぱい。

確認したら、機体に故障箇所が見つかって、1時間ぐらい飛んだ後、
スキポール空港に戻って飛行機を乗り換えていたらしいです。
いや、それならそれで、この表示、おかしいやろ…(ー_ー)。

あー、びっくりした。
四時間遅れですが、土産話を聞くのが楽しみです。


2018_02_13


IMG_0322s.jpg
「「人を動かす」とは、「人に助けてもらう」ことです。 」

一人で頑張ろうとする私に、師匠がくれた言葉のひとつです。
一番、私を助けてくれているのは、師匠なのに^-^

「だからね、人に助けてもらえる人になりなさい。」

そんな師匠こそ、誰にしもわけ隔てなく手を差し伸べているのに^-^
2018_02_12

4月14日。

category: 日常  

a1470_000035.jpg
私のかけがえのない方の誕生日まであと二か月。
三年前は半年かけてのサプライズを決行したのですが、
いろいろあって直前にばれてしまいました。苦笑。

今年は超慎重に進めようと思います。
「力貸して~!!」とたくさんの方々に声をかけさせていただくことになります。
お力添えをお願いします。
2018_02_12

moderation。

category: 紹介  

a0960_006828.jpg

Without haste, but without rest.
     (Johann Wolfgang von Goethe)

2018_02_11


27951409_2045646652370510_1902947189_os.jpg

弟子ワンツー姐たちが、私の依頼した目的を果たすために、イタリアに行ってくれています。
直線距離にして 9625㎞ の彼方から送ってくれた写真は、私が8時間前に観たであろう夕日。

中国古代長江文明では、
「太陽は朝に生まれて夕方に死ぬ」
ことを毎日繰り返す、と考えられていたそうです。
私自身も、そんなふうに考えられたら、もっと在り方が変わるような気がします。

2018_02_11

道標。

category: 日常  

kaijinja-autumn2.jpg
自分を救うことができるのは自分だけだと思って生きていますが、
今回ばかりは友とともに、御縁のある神様に祈り倒してきました。

祈りが届くと信じています。
2018_02_10

こういう時。

category: 日常  

a0960_003391.jpg

「土日、予定無し!
 ツラい時は呼びつけて。なおちゃんの横で本でも読んでる」

楽しいイベントごとはたいがい遅れてくるのに(笑)、
苦しい時にこそ最優先に駆け付けてくれる人。
きっと、絶対、予定あっただろうに。

2018_02_10


a0002_006069.jpg
過去に対する評価は「信用」。「信頼」は未来に対する期待。
2018_02_09


つる

不当に気持ちを傷つけられた友がいて。
でも、どんな言葉も薄っぺらになりそうな気がして。

「カスの相手をしている時間なんて、もったいないでしょ。
 そんな人たちは、私の人生になんの傷も与えられないと
 思える強さを身につけることが大切です」(by 美輪明宏)


と内側に綴った上で折った折り紙を渡してきました。
松下直子がゆったっていっても何様?やねんけど、
美輪明宏がゆってたなら、なんか効くような気がします。

「どこに住んだにしても、イヤな人なんて山といるわよ。
 極楽じゃあるまいし、極楽に住んでいるようなわけにはいきませんよ。
 あなたの住んでいるのは地球なの。イヤな人がいて当然なのよ。」

2018_02_09

いま。

category: 日常  

a0960_008024.jpg
最上のものは、過去にではなく、未来にあるのです。
                    (ブラックバーン校長)
2018_02_08

優先順位。

category: 日常  

a0001_017886.jpg
緊急で重要なことばかりしていると燃え尽きます。
緊急でもなく重要でもないことばかりしていると虚しいです。
緊急だけど重要でもないことばかりしていると振り回されます。
緊急ではないけど重要なことを大切にしたいものです。

大切なものを大切に。


2018_02_07

工事らしい。

category: 日常  

S__5054466.jpg
うち、高層マンションのかなり上の方なんですが…
外に人がいます…職人って、すごいな…。

にしても、風呂上りでなくてよかった(ー_ー)。
2018_02_06

18刷。

category: 日常  

S__4972546.jpg
新聞にて出てたね。
といわれて、新聞置き場を物色して、救出。苦笑。
こういうの、出版社さんからは連絡来ないもの。

にしても、みなさん、隅から隅まで読んではるんですね。
真っ先にテレビ欄から読み始める私は、一面の下半分は死角です。
2018_02_05


S__4915204.jpg
最寄りの書店でこのチョイス。笑。
何目的か、たぶん、第三者には不明。
分かる人には分かる?

2018_02_04

おもてなし。

category: 日常  

S__4825091.jpg
池袋で人気の火鍋屋さんに連れていってもらいました。
一時間ちょっと待ったけど、待ってよかったと思えるクオリティ。
いや、火鍋自体も大満足なんですが、

S__4825090.jpg
接客のレベルの高さ、店舗運営の的確さ。

一時間待ちの間も、御白湯さんをくれたり、お菓子持ってくれたり、
そもそも待ちあい場所を暖かい店内に設けてくれていたり、
待っている間に観ていると、ぼーっとしている店員さんは皆無で、
お客様の注文聞いて戻る途中で片づけしたり、お客様に声をかけたり、
同時に複数の作業がこなせる多能工ぶり。
タブレット注文の時に、「こうしたら安くなります」とすっとサポートしてくれたり、
写真を撮ろうとしたら、写真映えするように料理をさっと並べ直してくれたり、
箸を落としたら、間髪入れずに新しい箸をもってきてくれたり、
通りすがりに鍋の灰汁をとってくれたり、空いた皿はすぐ片づけてくれたり、
かけておいた荷物や洋服には気が付いたら布がかけられていたり、
そろそろ食事が終わるかな、のそのタイミングに「デザート」が運ばれてきたり、
写真みたいなエンターテナーが店内を練り歩いてくれたり(面の下は超イケメン)、
あー、もう書ききれない。

とにもかくにも、数十名はいるであろう店員さん達、もう完璧すぎました。
そして店員さんがほぼ全員、中国系の方々。恐らく経営も中国資本。
日本人のホスピタリティが世界一、なんていうのは、日本人の独りよがりです。


2018_02_03


S__4759555s.jpg

兵庫県社労士会のブロック単位の研修会での講演依頼なのですが、
兵庫県下であればどこからでも参加OKということで、100名を越えています。
大阪府会はそういう越境はあまりありません。
各都道府県会でいろいろ「らしさ」があるようです。

2018_02_02

腹落ち。

category: 紹介  

IMG_1314s.jpg
頭で考えてはなりません。
頭で考えたりすると、利害ばかりに走ります。
胸ばかりで考えると感情的になりやすく、頭が冷えたときに後悔します。
では、どこで考えるかと申しますと、腹です。
2018_02_01


01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

松下 直子

Author:松下 直子
亥年生まれの直ちゃんは、
猪突猛進、一直線!
三度の飯より「あんこ」好き♪
だから、あだ名は「あんちゃん」。
だから、社名は
「オフィスあん」(^_-)-☆
それでいいんだ。
座右の銘は「全力で脱力」だもん。
わが人生に悔いなし。

☛仕事「オフィスあん」代表

Naoko Matsushita

バナーを作成
株式会社オフィスあん

Facebookページも宣伝



検索フォーム




page
top