S__11132941s.jpg
小学生のころ、国語辞典をひくのが好きでした。
ひとつ調べて、そして出てきた言葉を調べて、堂々巡りになる瞬間がなんか好きでした。
例えば「右」で辞書を引くと「左の反対」、「左」で引くと「右の反対」と載ってあるようなとき^-^

そういえば、実際に「右」「左」ってどう説明されているのだろうと引いてみたら…
「【右】東に向いたとき南にあたる方」
「【左】アナログ時計に向かって、7 から 11 までの文字盤がある方向」

あ、これ、「舟を編む」であったなあ。
言葉って、記号だ。
スポンサーサイト
2018.06.24 Sun l 日常 l top